人気
夜のスーパー

スーパーやデパ地下の食料品コーナー等でよく見かける試食販売ですが、新商品やおすすめ商品をアピールするために有効な手段と考えられています。
それは、もともとその商品に関心が無かった、購入の見込みの全くない人にさえ、影響を与えることができるからです。
認知度が低ければなおさら、このような攻めの販売方法が必要になってきます。
その試食販売を行っている人も様々です。
大抵は女性ですが、それが学生のような若い人であったり、その道何十年というベテランと思える熟年の人であったりします。
そのように年齢に幅があるのは、扱う商品のジャンルや性質によって起用する人を変えるからです。
例えば、お菓子や飲料等、お皿に出したり、コップに注いだりするだけで行える簡単なものであれば学生でも可能です。

しかし、肉や加工食品のように調理して提供するようなものである場合は、比較的年齢の高い人が行うことが多いのです。
これは買い手側の心理状況をよく分析した結果によるものです。
学生が行うよりも、普段から調理に手馴れている主婦のような年齢の人に作ってもらった方が安心が得られるのです。
しかし、最近は学生の中でも、これをバイトとしている人が増えてきています。
確かにほぼ1日、立ちっぱなしで声を張り上げないといけないこの仕事は、向いていないと過酷なものとなります。
また、お客さんの反応も思うように無かったり、ときには敬遠されたり、と精神的にもタフでないととても務まりません。
その一方でやはりその分、時給や日給が良いのです。
一人暮らしの学生が多いので、彼らは学業の合間にできるだけ効率よく生活資金を集めるために、様々なバイトを探します。
その条件で最も優先順位が高いのが、バイト代なのです。
このような学生を狙って、最近では試食販売のバイトを大学の求人に載せたり、求人情報に「学生歓迎」等とうたったりする等して、積極的な求人を行う企業も増えてきました。
試食販売は一昔前のイメージから変化を遂げてきて、今では学生の販売員も目立つようになってきました。
今後、ますますその求人が増えてくるものと思われます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031